“”
次回以降の展示
 
 
 
 
”詩を生きる”


2019/10/19Sat.-10/27Sun.


開館時間
12:00-18:00

入館料
一般500円/小・中学生200円
視覚障害者および付添 各200円

-------------------”詩を生きる”オープニング -------------------
10月19日(土) 15:00より
16:00-18:00
フリートーク、詩の朗読、及びサクソフォンの
即興演奏(リュシー・ランド)

1928-2015 アラン・ジュフロワ
詩人・美術評論家


18歳でその詩がアンドレ・ブルトンに認められて以来、マルセル・デュシャン、マッタ、ミロ、マグリット等、多くのアーティストと交流を深め、様々な形でコラボレーションを実現しつつ、また次世代の、現代を代表するアーティスト達の最初の擁護者でもありました。ポップ・アートをフランスにいち早く紹介もし、5月革命に積極的に参加し、キューバ革命やアルジェリア戦争などをテーマにした政治色の強いアート表現の企画も手がけました。
早くから日本に関心を持ち、今井俊満、工藤哲巳、宮脇愛子、横尾忠則、草間彌生、荒木経惟など、日本の芸術家たちと交流し、大岡信、吉増剛造と詩的パーフォンマンスを楽しみ、安部公房や山口昌男、加藤周一らと政治や文学の議論を交わしました。
今回のアラン・ジュフロワを偲ぶ会は、83年から85年の3年間駐日フランス大使館の文化参事官を務め、日仏文化交流に特別な力を注ぎ、友情を何よりも人生の糧として生きたアラン・ジュフロワの存在を思い起こしながら、彼自身の創作コラージュを展示致します。既知の友人たちとは思い出話に、未知の友人たちには発見を期して、楽しんでいただきたいと思います。

           

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

CopyRight © 2004-2019 Gallery TOM All Rights Reserved.