ジェム・アート


ARTIST


SHOP

海老塚耕一

掛井五郎

高田洋一

西村エリーザ

濱田能生

柳元悦・由紀

柚木沙弥郎

吉田喜彦

淀井彩子

(五十音順)



 



 

 

 

 

 

 

 

Exhibition

酒井 一有 作品展
わたしのハンズ

日時: 2012年3月7日(水)ー3月20日( 火)
11:00-18:30 (最終日 17:00まで)
休館日:12日と19日

新鮮なハンズに寄せて

表現の完成度は別にして、不間欠の雨だれのように思わぬときに訪れる感情や、集点を定かに結びきれ ない考えを文字や形象にして表そうという欲求がだれにでもあるのだ。ある小説家は、言葉とか考えが熟した果実が枝から自然におちてくるように訪れるというようなことを書いている。表現への意欲は当事者の経験や知識が濃厚か希薄かに立脚しているにすぎない。手を延ばしなにかに触れる、視線で捉える、風邪や匂いに 触る、まだ春先の小枝のように大気の芳酵を触察する、心は若草のように風にそよぐ。身体の外や内で生起することが経験を形成する。酒井一有の表現には想像という営みにいたる前の、このような原初的な風景を思わせるものがある。あえて自らの未完成をさらしながら、他社の共感を得ようとする手探りの新鮮さがある。今回の「わたしのハンズ」は外へおずおずと差し伸べる触手である。身時かな素材に呼吸を与えながら、空間へ自分を刻もうという酒井一有の試みは、表現をするということは難しいことではなく、日常性の持続の意志こそが問われるのだということがよくわかる。

ギャラリーTOM 岩崎 清

   
 
     
 
     



 

2005 Copyright@GEMART All right reserved.