第2回「こどもに伝えるアート」レクチャーのご案内

シュルレアリストの夢と幻想−イヴ・タンギーの場合−

この度、ポンピドゥー・センターのマックス・アンリ・ドゥ・ラミナ氏をお招きして、下記のように第2回「こどもに伝えるアート」レクチャーを開催いたします。ラミナ氏はポンピドゥーの「こどものアトリエ」開設以降、主導的立場にたって子どもたちに現代美術をいかに伝えるかという課題に取り組み、さまざまな実験的・先駆的プログラムの研究開発をしている美術教育家です。またポンピドゥーの美術教育図書「アートで遊ぼう」シリーズ(右写真)の著者としても知られています。

2002年の第1回「こどもに伝えるアート」(東京・こどもの城)では二つのレクチャーを行い、第一部はカンディンスキーの作品の中の“青色”を巡って、その創造の秘密を分析・探究し、第二部はシャガールの作品「ワイングラスのある二人の肖像」の中に立ち入り、その造形思考を分析しました。

今回は、それに続くものとして、20世紀最大の芸術運動であるシュルレアリスムの画家イヴ・タンギーを取り上げ、薄暮につつまれたその不可思議な世界を造形的に謎解きしていただきます。

「こどものアトリエ」のドゥ・ラミナ氏は、タンギーの絵画の形態と色彩の秘密をどのように分析し、解明してくれるか、期待にみちたレクチャーになると推測されます。

「こどもにアートを伝えること」に日夜専念されている学校の造形美術担当の先生方、美術館の教育普及担当の方々、また美術を愛する一般の方々には、「タンギーの謎解き」では、興味尽きない探究とプログラムの組み立ての提案などが語られ、専門のお仕事に必ずや有益であることと思われます。

つきましては、ぜひ「レクチャー」に参加くださるようご案内申し上げます。


題 名 シュルレアリストの夢と幻想−イヴ・タンギーの場合−
講 師 マックス・アンリ・ドゥ・ラミナ氏
日 程 2005年4月28日(木曜日)
時 間 午後6時30分〜9時
会 場 こどもの城造形スタジオ
     〒150−0001東京都渋谷区神宮前5−53−1
対 象 学校の先生、美術館学芸員、造形関係の指導者、美術愛好家など
定 員 60名
参加費 3000円
主 催 ギャラリーTOM
協 力 こどもの城
助 成 国際交流基金

申 込 希望者はギャラリーTOMへ電話・メール等でお申込ください。

※その他の場所でも開催されます。神奈川県立近代美術館(4月30日)、茨城県立近代美術館(5月3日)、松本市美術館(5月5日)。詳細はTOMへお問い合わせください。


ギャラリーTOM(特定非営利活動法人視覚障害者芸術活動推進委員会)
〒150-0046渋谷区松涛2−11−1 TEL:03-3467-8102

メールtom@gallerytom.co.jp

 

 

 

CopyRight © 2004-2017 Gallery TOM All Rights Reserved.