掛井五郎の最新版画集 『夜の絵』

村山亜土の童話『夜の絵』の文章に触発された掛井五郎が制作した最新の銅版画文集。



 

 





 


【『夜の絵』の梗概】
ある町に、いつの間にか住みついた一人の画家が、究極の作品を描こうとしていた。
その絵を描くためにすべてを注いだために、生活は貧しく、飢餓の生活がつづいた。
そしてある雨の日に、彼はついに滴り落ちる雨滴を見て、目的にしていた絵を描くことができた・・・。

○判型:25p×19p(箱入り)
○ オリジナル銅版画15点(各19.8p×15.0p/カラー銅版・モノクロ銅版)
○限定15部 定価45万円(+消費税)

文・村山亜土、銅版画・掛井五郎
制作:白井版画工房
販売:ギャラリーТОМ
発行:2007年3月

 

CopyRight © 2004-2017 Gallery TOM All Rights Reserved.